低カロリー高タンパクで栄養たっぷりな「馬肉」で健康に!


 馬肉の歴史

    
 はじめに、馬肉の歴史をご存じでしょうか?


日本で馬肉料理を食べるようになったのは、熊本城でも有名な天下の武将「加藤清正」が
朝鮮出兵の際、食糧に困ってやむなく軍馬を食べたことがきっかけと言われています。

 その歴史は現在にまで引き継がれ、熊本県は馬肉の生産量トップであり、
 熊本の郷土料理として県民に愛されています。



優れた健康食品・馬肉

古くは滋養強壮の食品としても広く食べられていました。
最近では、健康食材として注目され、筋肉トレーニングダイエットに大活躍です。

低カロリーで美味しい上に、高タンパク質で「ビタミンB12」「ナイアシン」
「ビタミンB2」「鉄分」など、豊富な栄養素が含まれています。
カルシウムは牛肉や豚肉の3倍、鉄分もほうれん草やひじきよりも豊富です。



馬肉の部位と特徴             
馬肉特集

                

ページトップへ